全国対応年中無休 24時間電話受付 携帯・PHSからも通話可能
0120-900-5900120-900-590
簡単一括見積はこちら

カーペット清掃を徹底解説!頻度や料金相場から会社の選び方などを教えます

カーペット清掃を徹底解説!頻度や料金相場から会社の選び方などを教えます


オフィスやビル内の床がカーペットの場合、シミや蓄積した汚れを落とすには掃除機で吸うだけでは不可能です。日常清掃で落としきれない汚れは、カーペットを専門に清掃を行う会社に依頼して、汚れを除去してもらいましょう。

今回は、カーペット清掃の基本や料金相場を解説し、依頼する会社選びのポイントを紹介します。カーペット清掃を検討している人は、ぜひ読んでみてください。

このページの目次

1.カーペット清掃とは

カーペット清掃は、掃除機によってホコリや大きな汚れを除去し、カーペット用洗剤を噴霧した後にポリッシャーに装着したパイルブラシで目を立てます。最後にカーペット用のリンサーによって、水を噴出しながらカーペットの汚水を吸いだします。さらに、リンサーでも落としきれない強いシミに対してクリーナーをかけてシミ落としを行います。

カーペットは、逆Uの字型の繊維が連なって出来ています。これらが踏みしめられて毛が寝ている状態だと、中に引っかかった汚れを除去できず上手く汚れが落とせません。そのため、大まかに大きな汚れを掃除機でとった後にポリッシャーによるブラシがけをする必要があります。

一見するとシミ1つないカーペットでも、リンサーに溜まった汚水は驚くほどに真っ黒なことがほとんどです。パッと見では汚れの変化がわかりにくいですが、カーペットに汚れが溜まると悪臭の原因にもなり、さらに蓄積されて長年放置されると洗浄を行っても汚れを取り切ることは難しくなります。

2.カーペット清掃の基本

次は、カーペット汚れの現任や、清掃頻度に関して紹介します。基本的な知識を押さえておけば、カーペットの美観を保ちやすくなるでしょう。

2-1.カーペットの汚れの原因

カーペット汚れの原因は、靴の裏に付着したゴミや塵、土、泥に加えて食べかすや髪の毛、吐き捨てられたガムが主です。こぼれた調味料やカップラーメンの汁がシミになっているケースも時々見られます。

この中でも、ほこり、食べかすや髪の毛は普段掃除機をかけるだけでも落とせますが、奥深くまで入り込んでしまった砂や、カーペットの繊維にしみ込んでしまった泥汚れ、固まったガムはなかなか落とせません。

内履き用のスリッパのみでしか歩かないならともかく、外履きでカーペットの上を歩く場合は汚れの蓄積は避けられないでしょう。

2-2.カーペット清掃の頻度

カーペット清掃のベストな頻度ですが、使用頻度、日常清掃で掃除機がけをしているかどうかによっても変わります。ただ、毎日掃除機がけをしていたとしても1~2ヵ月に1度は定期清掃を依頼することをおすすめします。

3ヵ月に1度では、1回の清掃で溜まった汚れ全てを落とすのは難しくなります。清潔な状態を長い間維持するのであれば、1~2ヵ月に1回清掃を依頼しましょう。

2-3.カーペット清掃のメリット

カーペット清掃のメリットは、溜まった汚れを落として清潔な状態に保つだけではなく、シミ落としをしてもらえる点にあります。

ゴミ袋から漏れ出た汚水やこぼしたジュースの跡はシミとなり、雑巾で擦っても落ちません。シミを落とすには専用のクリーナーや洗剤を吹きかけ、ブラシをかけた後に雑巾を敷いて叩くようにして雑巾に汚れを移します。

シミの油分が強いと完璧に落とすのは難しいですが、目立ちにくくなります。自力で行うのは難しいため、カーペット清掃と同時に依頼してみましょう。

3.カーペット清掃の料金相場

カーペット清掃の料金相場と、料金を抑えるコツをまとめました。清掃会社に依頼する場合の参考にしてみてください。

3-1.表で見る料金相場

カーペット清掃の料金相場を以下の表にまとめました。

50m²以下 35,000~38,000円
51~100m² 1m²あたり320円
101~200m² 1m²あたり300円
201~500m² 1m²あたり280円
501~1,000m² 1m²あたり250円

あくまで目安ですが、平米数によって料金が決まります。会社によっては見積もりを行い、平米数を目安としつつ必要な人数と時間を算出して料金が決められます。この場合の人工計算はおおよそ15

3-2.料金を抑えるコツ

料金を抑えるコツは大きく分けて3つあります。1つ目は、なるべく多くの会社に見積もりを出してもらって、料金を比較することです。会社によっては狭い範囲だと高い代わりに作業面積が増えると料金がの割引額が大きくなる会社と、狭い範囲で安い代わりに敷地面積が大きくなってもほとんど割引されないなど、料金の出やすさにも違いがあります。複数n会社に見積もりしてもらうことで比較的安く利用できるでしょう。

2つ目は、年間の契約にした上で、回数をなるべく多くすることです。カーペット清掃の場合、単発だと料金が上がりますが年間の定期清掃になると多少割引が効くようになります。頻度も3ヵ月に1回より2ヵ月、1ヵ月と多くなればなるほど安くしてもらえる可能性が高くなります。

3つ目は、掃除機のみの作業範囲箇所を交渉することです。例えば、5フロアある内の3フロアは特に使用頻度が多く汚れているものの、残り2フロアは使われていない場合、2フロアは掃除機がけのみにするか作業範囲から外しましょう。

4.カーペット清掃を会社にお願いする時の選ぶポイント

最後に、カーペット清掃を会社に依頼する時の選び方とポイントをまとめました。いくつかの会社を比較しつつ、一番合いそうな会社を選びましょう。

4-1.ホームページを見て使用する機材をチェックしてみる

カーペット清掃のための機材は非常に高額です。そのため、依頼する会社がきちんとした機材で清掃してもらえるかどうかをホームページを見てチェックしておきましょう。

新しければ良いわけではありませんが、きちんと手入れされているかどうかを見ておきましょう。作業工程が載せてあるとより安心して依頼できます。

4-2.自社施工の会社に依頼する

大手清掃会社になると、清掃作業は下請けの会社に流し、作業レベルや品質が落ちる場合があります。もちろん下請けの会社でも品質の高い会社はありますが、クレームや品質の維持を考えると、自社施工で行う会社が安心です。

4-3.長期契約で割引できないかを交渉してみる

カーペット清掃は、定期的に継続して清掃することが重要です。単発で1回スチーム機を使った洗浄をしても全ての汚れが落とせるわけではないからです。

カーペットを清潔な状態を保つには、1~2ヵ月に1回の清掃がベストでしょう。そのため、年12回か6回の契約をすることになります。初回で高い効果を実感でき、特に不満がないのであれば年間の長期契約を持ち掛けましょう。このタイミングで割引交渉をすればホームページに記載されている額よりも安く契約できる可能性が高くなります。

5.まとめ

今回は、カーペット清掃の基本や汚れの原因、料金相場から清掃会社の選び方まで、詳しく解説しました。
カーペット清掃は、食べかすや砂利汚れがなくなったことはわかるものの、清掃前と後で効果を実感しにくい特徴があります。ただ、実際に清掃してもらうと真っ黒な汚水が出て、汚れていたことがよくわかります。

カーペット清掃をせずに放置したままにするとカーペットが変色し、美観を損なう上に劣化が早まります。カーペット自体を交換することになるとかなり大がかりな工事が必要になるので、定期的にカーペット清掃することを検討してみましょう。

また清掃会社ナビ.jpでは全国で清掃会社をご紹介させていただいているサービスです。清掃会社をお探しの方やでお困りの方はお力になりますので、是非一度ご相談ください。