全国対応年中無休 24時間電話受付 携帯・PHSからも通話可能
0120-900-5900120-900-590
簡単一括見積はこちら

巡回清掃とは?作業内容、頻度、メリット・デメリットを徹底解説

巡回清掃とは?作業内容、頻度、メリット・デメリットを徹底解説


この記事をお読みいただいている方は、巡回清掃を依頼したいマンションやビルなどのオーナーや管理会社の方など巡回清掃を依頼したい方ではないでしょうか。もしくは巡回清掃に興味がある方かもしれません。

巡回清掃は毎日掃除をしてもらう人を雇うほど汚れる場所ではないけど、清掃に入ってほしい場合などに役立つ、とても便利なサービスです。
早速巡回清掃について解説していきます。

このページの目次

1.巡回清掃とは

巡回清掃は毎日ではなく、月に一度、週に一度など決められた頻度で清掃をすることです。
清掃会社が依頼されたマンションやビルなどを順番に回っていくので、巡回清掃と言います。掃除の場所に決まりはありませんが、共用部分を掃除することが多いようです。

また、巡回清掃の業務は清掃会社などプロに依頼することがほとんどです。
この項目では、巡回清掃の内容や頻度、料金の相場を見ていきます。

2.巡回清掃の内容

巡回清掃はいったい何をするのか、ということがまずは気になるかと思います。
基本的には建物の掃除やそれに付帯する業務であれば特に何をするという決まりはありません。
顧客の希望する内容を柔軟に行うことがほとんどです。
内容例で詳しくご説明しますが、拭き掃除や掃き掃除など日常的なものを中心に行います。

2-1.巡回清掃の内容例

巡回清掃の具体的な内容例を見てみましょう。

・手すりやドア、インターホンなどの拭き掃除
・共用部分のごみ拾いやモップかけ、掃き掃除
・駐車場・駐輪場ゴミ拾い、掃き掃除
・ごみの搬出やごみ捨て場の片付け
・共用部分の電灯の点灯確認や拭き掃除
・貯水槽の掃除
・植木の手入れ

以上のようなものが挙げられます。
共用部分の掃除や電灯の確認、ごみ捨て場の維持などが主な巡回清掃の内容です。
このほかにも依頼主の需要に合わせて柔軟に対応してもらえることが多いようです。

2-2.巡回清掃の頻度

巡回清掃の頻度は依頼主によってそれぞれです。
月1回~週2回の間の頻度が高いようですが、それよりも多い場合もあります。
ビルやマンションの汚れ具合なども見つつ、どの程度の頻度で行うべきか困ったら依頼する会社に相談するのもよいでしょう。

2-3.巡回清掃の相場

巡回清掃の相場は掃除の内容、世帯数、頻度によって違うようです。
また、掃除をする建物によっても違いますので、実際の料金は見積もりを取ってみないと分かりません。
この項目では、大まかな相場をお伝えします。
※この項目の金額はすべて税抜きです。

共用部の拭き掃除や掃き掃除など簡単な清掃の相場

月4回 月2回 月1回
5世帯程度 15,000円 11,000円 7,000円
6~10世帯程度 21,000円 15,000円 10,000円
10~15世帯程度 26,000円 20,000円 12,000円

※このほかにも掃除の場所や広さで料金が変わることがあります。

その他、電球交換や植木の手入れ、貯水槽の清掃などは、10,000円~30,000円の基本料金に加えて、広さによって料金が加算されることがあるようです。
特殊な器具が必要だったりすることもありますので、50,000円~10,0000円程度とお考え下さい。

3巡回清掃と日常清掃、定期清掃、スポット清掃の違い

マンションやビルなどの清掃には、巡回清掃の他にも日常清掃、定期清掃、スポット清掃があります。
この項目はそれぞれ清掃の違いを解説します。

3-1.日常清掃とは

日常清掃とは、身の回りの毎日でも掃除したい場所の清掃のことを言います。
頻度として週に1回~毎日、行われることが多いです。
場所はマンションの共用部分やビルはもちろん、店舗、病院、オフィスなど様々あります。
日常清掃は共有部分の掃除が多いですが、日常清掃ではオフィスや病院などの内部を掃除することもあります。

日常清掃の内容としては以下のようなものが挙げられます。

・フロアの掃除機がけや掃き掃除、モップがけ
・エントランスの掃除機がけや掃き掃除、モップがけ
・手すりや階段などの共用部分の掃除
・ごみ箱のごみ回収とごみ捨て場の運搬など
・トイレ掃除
・給湯室の掃除
・デスク、応接間、会議室などの机と椅子の拭き掃除
・デスク、手すり、電話機、ドアノブ、テーブルなどの除菌
・灰皿の洗浄

3-2.定期清掃とは

定期清掃では、日常的には掃除しない場所を2~3カ月程度の頻度で行います。
ただし、定期清掃の頻度も依頼主の都合によって変わることが多いようです。
定期清掃の内容としては以下のようなものが挙げられます。

・床のワックスがけ
・ブラインドの洗浄
・エアコンの分解洗浄
・外壁の洗浄
・機械などがあるフロアのカーペット清掃

定期清掃は普段はなかなか掃除できないところや、完璧には汚れが落としきれない場所を徹底的に掃除するイメージです。

3-3.スポット清掃とは

スポット清掃では、一部の場所を1回だけ掃除します。
普段の掃除で落としきれない場所などを徹底的にきれいにするときに使います。

例としては以下のようなものが挙げられます。

・窓ガラスの清掃
・シンクの水垢などの清掃
・床のワックスがけ
・ベランダにこびりついたハトのフンの除去
・床のワックスがけ

定期清掃に近い部分もありますが、定期的であるか、一度きりかがポイントです。
スポット清掃は一度きりの場合が多いです。

3-4.巡回清掃と他3つの違いのまとめ

巡回清掃と日常清掃の違いは頻度と言えます。
日常清掃はほぼ毎日に近いくらい清掃するのに対し、巡回清掃では多くても週2回、少なくて月1回程度の掃除頻度です。

定期清掃、スポット清掃との違いは頻度もありますが、場所の特別性が挙げられます。
巡回清掃では日常的な使用カ所を掃除しますが、定期清掃、スポット清掃では普段掃除できないところや落としきれない汚れを徹底的に清掃します。

巡回清掃とスポット清掃を組み合わせる、などという依頼ももちろん可能です。

4.巡回清掃のメリット・デメリット

巡回清掃にはメリット・デメリットがあるのでしょうか。
先ほどご紹介した定期清掃などと比べた場合や、依頼すること自体のメリット・デメリットを確認しましょう。

4-1.巡回清掃のメリット

巡回清掃のメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・自分の好きな頻度で依頼可能
・定期清掃よりも料金が安いことが多い
・プロがきれいにしてくれる

定期清掃などの頻度が選べないということではありませんが、定期清掃が毎日入ることも多いのに対して、巡回清掃は月に〇回など依頼者のニーズで選びやすいようです。
また、定期清掃よりも頻度が低いので同じ清掃内容ならば定期清掃よりも安く済むこともメリットです。
その他にも、巡回清掃を依頼すること自体のメリットとしては、プロが掃除をしてくれるので安心できるということが挙げられます。

4-2.巡回清掃のデメリット

デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・定期清掃のように毎日きれいにはならない、場合によっては自分たちで掃除も必要
・清掃会社が建物内部を出入りするので、カギを預ける必要があるかもしれない

巡回清掃は週2回~月1回程度頻度の清掃なので、掃除に入った次の日に何らかの原因で汚れてしまったとしても、次の清掃までの間はきれいにはしてくれません。
その場合放置するか管理会社やオーナーなどが自ら清掃する、追加で清掃を清掃会社に依頼するなどの対応を取らなければいけません。

また、巡回清掃を依頼すること自体のデメリットとしては、特にオートロックのマンションなどの場合は、清掃会社に共用部分に入るためにカギを渡す必要があります。
次の項目でもご説明しますが、巡回清掃ではセキュリティ体制がしっかりとした、信頼できる業者を選ぶべきでしょう。

5.巡回清掃を依頼する会社の選び方のポイント

巡回清掃について良く分かったところで、実際に依頼する際の会社選びのポイントを見ていきましょう。

5-1.巡回清掃を専門としている会社

巡回清掃を依頼するのであれば、巡回清掃を専門としている会社や経験がある会社を選びましょう。専門的な業務がない場合も多いですが、実績があると安心して依頼できます。
特に依頼者が初めて依頼する場合は、経験のある会社のほうが掃除カ所なども相談に乗ってくれます。

5-2.セキュリティ体制がしっかりした会社

巡回清掃では、掃除場所へ入るためのカギを預けることも多いです。
ですので、セキュリティ体制がしっかりしている会社を選びましょう。
もし鍵の紛失などがあった場合は多大な迷惑や場合によっては被害が出ることもあります。
そういった困った事態にならないためにも、セキュリティ体制は重要です。

5-3.責任感のある会社

管理人がいないマンションやビルで巡回清掃を行った場合は、掃除をした証拠が残らないこともあります。場合によっては週2回の頻度を1回にしていても依頼主は気が付かないかもしれません。 責任感があり、しっかりと掃除をしてくれると信頼できる会社を選びましょう。

6.まとめ

この記事では巡回清掃について解説しました。
巡回清掃には週2回~月1回程度の頻度で、マンションやビルの共用部分などを中心に掃除をするサービスです。
掃除の内容としては、共用部分の拭き掃除、掃き掃除、手すりなどの拭き上げがメインでした。
また、マンションやアパートのカギを預けることもあるので、セキュリティ体制のしっかりした会社を選びましょう。さらに何よりもきちんと見ていなくても清掃をくまなく行ってくれる信頼できる会社に依頼することが重要です。

当社でも、高い技術を持った信頼のおける巡回清掃サービスを提供する清掃会社をご紹介しています。無料で簡単に見積もりや一括比較が可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。見積もりや比較以外でも、清掃にかかわることでしたら何でもご相談いただけます。

フォローする